防犯対策にも交通整備にも|ガードマンに依頼しよう

手口にあった対策方法

Man

空き巣の手口にはパターンがあるのをご存知でしょうか。しっかり鍵を掛けたつもりでもピッキングしてすぐにロックを解除することが出来るのです。ピッキング技術に長けている人であれば、すぐに数秒で鍵を開けられるといわれています。外出をするとき、鍵を掛けるのはごく当たり前のことですが、ピッキングという手口を使われてしまった以上、ただ鍵を掛けただけでは本当の意味での防犯対策とは言い切れません。ピッキングで侵入されるのを防ぎたいのでしたら、最新の鍵に交換するのが1番よいとされています。最新の鍵には、ピッキングされても簡単には開かないように複雑な構造で作られているので、とても効果的です。ピッキング以外にも、バンピングという手口もあります。バンピングはディンプルキーでも簡単に開けることが出来るのです。バンピング対策としては、メインとなる鍵の他にもう一つサブの鍵を取り付けるという対策法があります。これにより、鍵を開ける作業に掛かる時間が倍になるわけですから、空き巣対策にピッタリです。他にも、バールなどを使用してこじ開けるという強引な手口で侵入してくる空き巣も存在します。こじ開けまでされては、もうさすがに対策することは不可能ではないかと考えて諦める人もいるでしょう。しかし、こじ開けにもピッタリな対策法があるので安心してください。それは、鍵穴の中がとても硬いものを使用したものを取り付けることです。鍵穴にバールやドリルなどの部品を入れても壊れることのないくらい硬い鍵穴にすれば、こじ開けを防ぐことが出来るのです。また、鍵穴をガードするプレートを使用すると、鍵を開けるのに時間が掛かるのでおすすめです。